FC2ブログ

消毒に関しての一考

今年の夏ころに妻が転んで骨折をしてしまい
数日間入院をして手術を受けました。
医療技術の発展は日進月歩。
私が鍼灸学校で学んだ医学は
当時としては世界的なスタンダードだったはず。
でも、もうかなり昔の話です。

妻の骨折、入院、手術を間近に見て
医療の常識が少しずつ変わっていると感じ
驚く事が幾つかありました。

その一つが消毒です。

妻の手術は、骨折部分にプレートを入れる物だと聞き
入院は1週間ほどだろうと予想していましたが
医師の話では手術の翌々日には退院とのこと。

それでも、手術の傷口が塞がっていない以上は
傷口の消毒に通院しなければならないのだろう、と
過去の経験から勝手に思い込んでいたのですが
その消毒も不要とのこと。

若い医師が丁寧に説明してくれました。

皮膚の表面をどんなに消毒しても
15分程で菌が湧いてきてしまう事。
その菌が体内に侵入しても増殖はしない事。
消毒により菌を余計に広げてしまう事も有り
消毒薬による副作用が出る人もいる等で
手術後の消毒は積極的には行っていないそうです。

私も仕事柄、消毒をよくします。
自分の手も、器具も、患者さんの身体も
丁寧に消毒をしています。

この話を聞いて、もう消毒はしない!
となる筈も有りませんが
患者さんの身体への負担を考えつつ
その在り方を考えさせられています。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

カイロプラクター
冨田よしたか: 千葉県市川市に小さな治療室を開設。カイロプラクテイックと共に鍼灸治療も行なう、治るなら何でもあり治療。

yoshitomita

Author:yoshitomita
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード