FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆるせん!!

ダウン症のお子様と共に来院されるお母さんがいます。

お子さんが生まれる前からのお付き合いをさせて頂いている

気心の知れた間柄の方です。

その方から、お子様の事でとあるお話を聞きました。

ダウン症の子は、知能障碍を伴っているケースがほとんどで

その子も例外なく、ところ構わず大声を出したり、急に物を投げたり 

年齢の割には分別の付かない状況になります。


当然、そんな事は周囲が暖かく見守ってあげるべき事。


それでも、母親としては我が子を守りつつも

周囲への気配りで疲れ果ててしまうのだそうで 

それは、想像するに難しくないことです。


ある日、電車で病院へ行った帰り道の事

病院で大暴れしたその子をなだめるのに

お母さんは気力も体力も使い果たしてしまい

帰りの電車の中で一瞬の睡魔に襲われて

眠ってしまったのだそうです。 


お子様は、怪獣のおもちゃで遊んでいたそうで

二体の怪獣を戦わせながら声を出して楽しそうにしていたそう。


そんな時、女性の大きな声が電車の中に轟いたそうです。


 「うるせーんだよ!!静かにさせろよ!このやろー!」 


雷のようなその声に驚いたお母さんは

一瞬で目をさまし、周囲を見回したそうですが

誰がそれを言ったのか分からない状況だったそうで

電車に乗っている方々に謝りながら次の駅で降りたそうです。


そんな話を、治療をさせてもらいながらお聞きしました。


お母さんは、そのショックを引きずっておられるようで

眠れなくなるなど、自律神経的な症状にも悩んでおられ

話をされながら、治療台の枕がビッショリになるほど

涙を流しておられました。 


辛い事は、この治療室に全部置いて行ってくださいね。

そしたら、治療室を出た瞬間から新しい自分になっている筈です。


そんな会話をしながらも、そのお母さんは

迷惑をかけたのは事実なのだから、誰を恨む訳でもなく

自分が成長すべき時なのだと感じた、と話され

スッキリとした笑顔で治療室を出て行かれました。 


今回はたまたま心無い一言を発する人が目についてしましましたが

普段は助けてくれる人の方が圧倒的に多いのだそうです。


荷物もちましょうか、と声をかけてくれたり

階段で子どもの手を引いてくれたり・・・


優しい人は、自分を支えてくれる人

厳しい人は、自分を成長させてくれる人


誰かが言った格言のようなものを思い出しました。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

カイロプラクター
冨田よしたか: 千葉県市川市に小さな治療室を開設。カイロプラクテイックと共に鍼灸治療も行なう、治るなら何でもあり治療。

yoshitomita

Author:yoshitomita
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。