FC2ブログ

練習

久しぶりに師匠の体を借り、カイロの練習をさせてもらった。
上手いか下手か、下手ならどこが悪いのか、見ているとある程度は分かるものだけど、 上手そうに見えても、実際に治療を受けてみると、予想外に下手だと感じる時もあるし また、その逆もあるので、判断するのは受けてみるのが手っ取り早い。 僕は最近、教えられるより、どちらかというと教える側に回っている事が多いので 自分の技術をチェックしてもらえる機会は、そうそうない。 師匠の体を借りての練習は、やっぱり今でも緊張するけど、この上ない恵みのひと時でもあった。 座位で脊椎の触診から始め、次いで仰臥位での腹診、各種の筋力検査と進めていく。 周りには、師匠の生徒さん達が集まり注目しているので、緊張感に拍車をかける。 生徒さん達は、師匠が僕の治療を受けて、どんな顔で何を言うのか そして僕の実力がどれ程の物なのか、興味深々で熱い視線を送ってくる。 師匠は「緊張してるね」なんて笑いながら、僕に身を委ねてくれている。 筋力検査などで得た情報を元に、治療に入る。(要するにポキポキをやり始める) サイドポスチャーで腰椎のアジャストメント。 思い切ってボディドロップするが、動かない・・・。 師匠の腰椎は固い!これまでに何度か挑戦させてもらったが、成功した験しがない。 体制を入れ替えて何度か挑戦したが、腰椎は今回も玉砕となった。 中部胸椎へのダブルニー。これは上手くいった。 上部胸椎へのワンサイドニー。これも上手くいった。よっしゃー! 上部頚椎のアジャストメント。これも良い感じで決まった。 少し頭蓋を触らせてもらい、その後で確認のための筋力検査をした。 筋力は戻っており、納得した師匠の顔から、一応は合格点(?)を頂いたつもりでいる。 僕の治療のやり方は、とにかく師匠の形をコピーしている。そんなつもりでいた。 しかし、師匠は「へー・・・そういうやり方もあるんだねえ」と関心している。 えっ?これって、師匠のコピーなんですけど・・・。そう思ったが いつの間にか、僕は自分なりの形にアレンジして使っているらしい。 まあ、当たり前といえば当たり前。師匠と僕とでは、体形が全く違うのだから。 そして、僕の動き方には、長年やってきた柔道の動き方が加味されているらしい。 「それ、いいねえ」 僕みたいな者からでも学ぼうとする師匠の謙虚さに脱帽。 僕は恐る恐る、批評をお願いした。 すると、やはりサイドポスチャーでの腰椎アジャストメントの事を言われた。 予想通りのご指摘だった。どうやらスラックアウトが甘かったらしい。 「こうやったほうがいいよ」と、今度は僕が治療台に寝て指導を受ける。 当たり前だけど、やっぱり師匠の技術は凄い!いつになったらこの差は縮まるのだろう。 今まで出来なかった事が出来るようになった瞬間、師匠に追いついたような錯覚を起こす。 しかし、やっぱりそれは錯覚で、今回のような事で目覚めさせられる。 傲慢な自分への幻滅と、高い目標を追いかける喜びが混在する、なんだか不思議な気持ち。 作っては壊れ、作っては壊れ、そんな連続だけど、全体的には右上がり。 それは、色々なものに共通する、ある意味での真理なのかもしれないなー。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

カイロプラクター
冨田よしたか: 千葉県市川市に小さな治療室を開設。カイロプラクテイックと共に鍼灸治療も行なう、治るなら何でもあり治療。

yoshitomita

Author:yoshitomita
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
カテゴリ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード